FC2ブログ

モデルになりました

モデルになりました。

人生53年間生きてきて、初めてのことです。お腹も出てシワも寄り見た目も悪い、高年男性ですから、こういった機会はもうないと思います。でもモデルと言っても水彩画教室でのクロッキーの為、受講生全員交互に15分間モデルになるだけのことです。15分間20人の方からじーっと見られることは、とても緊張しました。受講生の皆さんは絵が上手な方が多いから、とてもカッコよく描いていただきました。

色々な方から見られる事が仕事であるモデル、芸能の方のストレスは、想像に及びませんが大変なことと思いました。毎日の生活を気持ちよく過ごす事も大事ですが、新しい経験はとても楽しい事でもありました。

年末年始は台北旅行しましたが、ホテルでゆっくりと身体を休めたい気持ちもありましたが、結局はウロウロしたり、食べたり、見たりしました。今回の旅行で一番感動した事が台湾の方の優しさに触れる事が出来たことです。

故宮美術館での鑑賞を終えて、台北駅で台北復興駅まで移動方法をMRT路線図で確認していた時です。おじいさんが近づいてきて、日本語で「どちらに行きますか」と優しく声をかけてくれて、淡水信義線経由で松山新店線が駅内の移動距離が少なくていいよと教えてくれました。決して流暢な日本語でありませんでしたが、民間の台湾人から優しくされた事が一番の思い出になりました。

身体が健康な今は、色々な場所を訪ねて、新しい出会いと経験をして行きたいと考えています。

テーマ:暮らしを楽しむ♪♪ - ジャンル:日記

水彩画教室

10月から、市立美術館主催の水彩画教室に通い始めています

1回目は、参加者で自己紹介をして、水彩絵具の発色の体験と紅葉した枯葉のスケッチ。2回目は、いきなり市立美術館近くの美観地区で屋外風景をスケッチ。
初参加が約10名弱で、他の参観者の方は参加2~6回目のベテラン達。初参加の方も、学生時代とか、絵手紙をやってたとかでスケッチも上手、ずぶの素人は私を含めてたぶん2人の模様。平均年齢は60歳代前半ぐらいかな?

3回目の今日は、前回スケッチした風景に水彩絵具で色付けです
美観地区は、大勢の観光客が行き来する場所なので、恥ずかしさもあり人通りの少ない裏通りのさらに裏道を選びましたが、たまにカップルや観光客で私が描いているスケッチを覗く方もいて、恥ずかしかった

前回の風景のスケッチ自体、全体バランスが悪いとは思っていましたが、今日は色付けして更にヒドクなり、まるで小学生の写生並みの下手さに絶句(途中でやめたくなったけど、とりあえず全面に色をつけたww)

最後に絵を描いたのは、中学校授業以来ですが建築関係の仕事なので、わりと建物や詳細をスケッチする事はありましたので、簡単に考えてましたが、色をつける事はとても難しい事がわかりました

目に見えている色を絵の具で紙に置き換えれないのです。言葉はしゃべれても、文字が書けないのと似ているかもしれません。これから、来年3月まで毎週土曜日は、水彩画教室があるので、一生懸命描いて上手くなりたい。スケッチは、枚数を描くほど上手くなるそうです。
色付けは本当に難しくて、コツがまだわかりません

ブログで紹介できるような上手い絵が、描けるようになるかは分かりませんが、とりあげずバケツリストの1つを始めました

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

お酒の事

未だに、没頭できる趣味はみつからない。
お酒を飲む事は楽しみの一つである。

始めて飲んだのは、大学で一人暮らしを始めた頃、夏クーラーもないアパートで飲むビールは美味しくて、酔いを覚えた。その頃は1日500ccの缶ビール1本だった。その後大学研究室の教授がお酒が好きな方だったので、いろいろな洋酒、日本酒を飲む機会を得た。

今から27年前社会人になり、現場監督の新人2年間は毎日心身共疲れて、個人的にお酒は飲む事はなかった。
当時はバブル末期で、仕事での施主を交えた週間定例会議後の毎回の飲み会は、嫌だった記憶が有る。

社会人3年目に本店移動となり、この頃を機会に人との出会いが多くなり、プライベートでも仕事終わりに飲む事が増えてきて、お酒の楽しさを覚えた。自宅への帰路のタクシー、何回か止めて道端で吐いた事も記憶がある。
人との会話も口滑らかになり、楽しいお酒を重ねて、どんどんお酒に強くなった。よく「※※君は、酒強いな。シラフの時と変わらない」と言われたり、毎週4日間は飲み回ったと記憶している。それが30歳代前半まで。

その後結婚して、忙しい職場で土日も休みがあまりないような仕事を続ける中、外で飲み回る事はなくなり、家で飲む事が多くなった。仕事上での関係者との関わりで発生するストレスを解消する術を当時はよくわかっていなかった。お酒で酔い、一時的に現実逃避するために飲んでいたような気がする。

40代初期に、仕事に起因するメンタル不調(不眠・鬱)がでた。転職した事もありストレスもMAXでこの頃が一番お酒を飲んでいた。ストレスを一時的に忘れるため、眠るために飲んでいた。決して美味しいお酒ではなかった。
この頃γGTP数値は300近くの時もあった。

今年50歳を迎え、毎週3、4回程度お酒を飲むが、あまり楽しくない。
酔うと気持ちが大きくなり、会社・仕事への思いを「明日は言うぞ」と思って、自宅から会社自分宛のアドレスへ思いをメールしたりするが、翌日読むとこんな事言えないというような文字が多く、自分が嫌になる。

明日から大学の同級生が東京から4人遊びにくる。
話を肴に、楽しいお酒を飲もう。



テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

蒜山登山

先週末の土曜日(5/31)に、思い立って蒜山登山にチャレンジしました
20歳代の頃は、大山、奈義山などに数回登山しましたが、約20年弱ぶりの登山です。
当初の予定は、上蒜山~中蒜山~下蒜山の3座縦走を計画して、朝8:00頃から登山開始しました。

ジャージー牛のモー君も”せいぜい頑張りや、おじさん”と見送ってくれています。
蒜山1

上蒜山頂上付近(奥に見えるのは大山)
蒜山3

しかし、日頃の運動不足に伴う脚力低下と心肺機能の低下で結局、上蒜山~中蒜山まで縦走して、
中蒜山からは塩釜の冷泉方面へリタイヤとなりました。

上蒜山から中蒜山への途中の風景
蒜山2

特に、中蒜山から塩釜の冷泉にかけての下り坂は、左膝が痛くなるし、太ももの筋肉がブルブルするしで、20歩あるいては休憩をしながらの下山となりました。その間、山ガール-2人、単独行-5人、男女カップル-1組、高校生グループ(80名!)-1組、中高年グループ-3組に抜かれました、トホホ。

帰りに、奥津温泉に寄り、疲れた足腰を癒しました。

この写真の露天風呂は足湯だけで、湯郷温泉のように入浴はできませんでした。
仕方なく公共温泉に入浴しましたがとても心地良かった。
蒜山4

この足は私です。
蒜山5

風呂あがりの牛乳。
蒜山6
こうしてブログを書いている今も、太ももが筋肉痛で歩くのも大変です。
ウォーキングでもして、体を鍛えないといけないあと痛感。
でも3~4月頃のメンタルの不調は、ここにきて良くなってきて、このまま梅雨時期をいい体調で乗り越えたいものです。

できれば一度は、富士登山をして、ご来光を拝みたいと思います。

石臼とホテイアオイ

石臼にホテイアオイと水草を入れてみました。

この石臼は、私が子供のころからあり、毎年年末にはこの石臼と杵で正月用のお餅を作ったものです。
その後、庭の隅で20年近く使われずにいましたが、甥と姪が小学生だった約10年前に最後に餅つきに
使われて以来は、ずーっと、気にとめられることもなく置物と化していました。
しかし、今日から石臼は水槽としての役割が与えられました。

ホテイアオイ2

ホテイアオイは、7,8月頃にはきれいな花を見せてくれるでしょう。

ホテイアオイ1

テーマ:ベランダガーデン - ジャンル:趣味・実用

50歳代の喜怒哀楽
53歳。人との関わりを大事にしながら、知らない世界を見聞したい。前へ歩く道は細くてもあるけど、後戻りできる道はもうない。

モン

Author:モン
53歳になりました
55歳で区切りたい

カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ