スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12万円で世界を歩く 【下川裕治】

1997年 朝日出版社

筆者が12万円を元手に、日本から出発して世界各地を歩きまわる、貧乏旅行記です。
いまの私には、こういうハードな旅は難しいですが、時間が許せばやってみたい。
特に、キューバと台湾には、この本を通じて行ってみたくなりました。

本

目次

1.バンコクから尻にアセモの二千キロ赤道には白線が引いてあった。
  『タイ、マレーシア、インドネシア』
2.高度四千メートル目指すヒマラヤ・トレッキング。
  『ネパール』
3.韓国ぐるーっと一周バスの旅。かかった費用は五万七千二百一円。
  『韓国』
4.神戸から船に乗り続けて十三日長江(揚子江)の終点にたどりつく。
  『中国』
5.ついにニューヨーク到着。アメリカ大陸一万ニ千二百キロ。
  『アメリカ』
6.北京初ベルリン行き列車、二十八日間世界一周。
  『中国、モンゴル、ソ連、ポーランド、東西ドイツ、オランダ』
7.インド大陸を列車とバスで横断。ラダックに青空を見に行く。
  『インド』
8.念願のカリブ海リゾートキューバのドル払いアリ地獄に泣く。
  『メキシコ、キューバ』
9.東シナ海、南シナ海、四つの中国めぐり。超たいくつクルージング。
  『中国、香港、マカオ、台湾』
10.ロサンゼルスからひたすら北上。カナダ最北端、北極突入。
  『北極圏、カナダ』
11.タイ国境をなぞる戸惑いの旅。気がついたら”密入国”。
  『タイ、ビルマ』
12.神戸からアテネ、一万五千四百七十二キロ。シルクロードを揺られぬく。
  『中国、パキスタン、イラン、トルコ、ギリシャ』

                  以上
関連記事

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

50歳の喜怒哀楽
50歳。これからは今以上に、人との関わりを大事にしながら、知らない世界を見聞したい。前へ歩く道は細くてもあるけど、後戻りできる道はもうない。

モン

Author:モン
51歳になりました
55歳で区切りたい

カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。