歯の事3

意を決して歯科クリニックにインプラント治療のことを聞きに行った。
そのクリニックは1階が一般の保険適用治療を目的としたフロアーで、2階がインプラントやホワイトニングなど自由診療のフロアーで、私が住んでいるあたりでは夜の治療もあるので患者は多く、私も仕事終わりの夜20;00からの最終診療時間を利用することが多かった。今回は、自由診療のインプラント治療が目的なので、いろいろ聞きたいこともあったので事前に午前中に予約して行った。

しかしだ、
患者の私は、歯根が割れているとはいえ歯を抜くことには抵抗があるし、今の歯の状態、インプラント治療内容、予後の事とか知りたかった。でも医師は「あまり細かいこと聞くなよ、結論は歯を抜いて入れ歯にするか、インプラントにするかしかないんだから」とは言わないけど態度を含めて、とっとと私の質問を遮って、技工師?に「はい歯石取って」と言って、いなくなった。さらに、技工師?も「次に治療に来るときは、インプラントするかどうかを決めたら来てください」だと。
あまりに頭にきて、歯石を取るのもやめたて、とっととクリニックを後にした。

このクリニックには、もう二度と行かない。
医は算術ではなく、仁術だと思う。高度情報化、グローバル化、技術革新が進んだ今、技術の格差は小さくなってきている。医業も同じで、”先生”と呼ばれることにあぐらをかいて自己満足で仕事にあたっていては、当然患者(客)を失う。医業もサービス業の時代をとっくに迎えている。私は病院建築を何件か担当して、設計に当たって院長、事務長と話すことあったけど、「病院もサービス業なんですよ」ってもう10年ぐらい前から言っていたけどなあ。

ここ最近、ハラを立てる事が多い。自分はどうなの?ということもあるが、キレることがある。
更年期障害かなあ。

意味が少し違うけど、
50歳を迎える前ぐらいから、「おもしろきことも無き世をおもしろく」 と考えて生活をして行こうとしているのに穏やかな気持ちで過ごすことは難しいなあ と昨日の歯の事で思った。


関連記事

テーマ:歯科治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

Re: お久しぶりです

コメントありがとう。

今となって、人様の意見がわかり、少しだけ受け入れることができる歳となりました。
会社で若い頃、オジさん達が「風邪、ケガと違って、歯は病院を選ぶ」と言っていた意味がやっとわかりました。
怒ってしょうがないのですが、自分には優しく他人には厳しい 「嫌な私」 です。
更に歳とったら、「頑固ジジイ」になることは間違いありません。
でもモカの写真もたまにアップしますので、たまに見に来てください。

お久しぶりです

お久しぶりです。
歯に関しては、私も年に数回歯医者にお世話になりますが、
「歯医者選びは慎重に」は身に沁みております。信頼していた歯医者での治療が、実は大きな欠陥治療だったという経験もあります。
今はそれなりに信頼出来る歯医者に通っております。

それから、「2015秋モカ」のモカちゃんのお写真がとても可愛らしく、お元気そうで、安心いたしました。人もわんこも確実に歳をとりますが、その時その時にあったケアをしていけば、充実した日々を送れると私は信じて疑いません。


50歳の喜怒哀楽
50歳。これからは今以上に、人との関わりを大事にしながら、知らない世界を見聞したい。前へ歩く道は細くてもあるけど、後戻りできる道はもうない。

モン

Author:モン
51歳になりました
55歳で区切りたい

カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ