FC2ブログ

消防設備士の試験

12/12(土)から今日12/13(日)にかけて消防設備士試験のために島根県に行ってきた。

一級建築士の知識だけでは建物計画をする上で、知識不十分さを感じる場面があったので、一昨年から消防設備士資格所得を目票としており、甲1、2、3、5類は取得できたので、今回甲4類を受験した。4類が受かれば建物計画するための消防設備士資格(知識)としてはほぼコンンプリートとなる。だが受験を終えた印象は、製図試験の自動火災報知設備の基本を押さえず応用に力点を置いたため、建物与条件が地階(無窓階)という根本が認識不足で、自動火災報知設備の感知器の選択を間違えた。学科試験は合格基準の6割以上は取れただろうがど、製図試験が6割の結果が取れているかは自信がない。

現場(実務)と資格は違って、実務経験に勝るものはない事は理解しているが、今更50歳を過ぎて実務を学ぶ機会は少なく、机上の自学の結果としての資格試験合格しか判断ができない。しかし仕事での実務者(プレイヤー)は40歳までらしい。人から「なんでそんなことに時間とお金をかけるの?」と言われたりもする。独り身で他にすることないんでしょ?と思われるているのかもしれないが、今の自分を確かめるための定量的な判断基準として、資格取得に努力している。

出世なんかどうでもよくて、マネージャーではなくプレイヤーでいたい。仕事は、プレイヤーの達成感だけがモチベーションなのだと思う。
「会社&管理」とかどう考えても楽しくない。
島根県から岡山県までの高速バス車中は、試験の反省もあり4時間があっという間であった。2月広島での試験の申込みを決めた。何かしらの目標がないと休みの日は寝て過ごすことになるから。

仕事の他にも一生懸命になれることをみつけないと、55歳まであと4年強。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

50歳代の喜怒哀楽
53歳。人との関わりを大事にしながら、知らない世界を見聞したい。前へ歩く道は細くてもあるけど、後戻りできる道はもうない。

モン

Author:モン
53歳になりました
55歳で区切りたい

カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ