母のこと4

今日で、膵臓癌の余命告知から1年間を過ごすことができた。
姉が昨年4月から介護休暇を取得して、母の通院、身の回りの世話、そして
私の食事の用意もしてくれている。
今日も抗がん剤治療で入院するというが、頭髪の脱毛が以前より確実に少なく
なっており、多分抗がん剤ではなく、緩和治療に移行している。
主治医は当初から余命は、本人の気持ちで変わります。との助言があり、
先生は診察時には、折にふれて母に
『変わりありません』
『悪性部分が少し小さくなった』
『今の調子で、少し動きましょう』
とか言うそうで、今後に繋がる、良い言葉を聞いた診察日には母は、
いつもより言葉がしっかりしているし、前向きな発言がある。
姉は、以前はお世辞にも料理がうまい方でなかったけど、今は母の免疫力
アップを考えていろいろな料理を作っている。
でも食欲は徐々に落ちてきていて、食べたくない母と食べさせたい姉が
お互い気遣う姿(言い合う姿)を見ると本当にさみしくなる。
3月一杯で姉の介護休暇も1年を満了して、復職せざるをえないので4月からは介護再サービスを受けながらの治療継続となる。
1年間姉にほとんどを任せていたので、
4月から私で出来ることをやっていこう。
人生は一度きりだから、仕事なんかどうでもいいし、思うようにやる。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

とんがりねずみさんへ

いつもコメントありがとう。

母の癌を通じて、生きる事の大変さを改めて感じています。
自分の意思で、生きる事を放棄する事は許されないのだから、
人生は生まれてから、最後までも大変です。
でもそれはみんな一緒。

私は、最後に体力が無くなった時に
あの時、友達と会えて嬉しかったなー
あの時、あの人と会えてよかったなー
あの土地は、こんなんだったなー
あの時、あそこの、あれは楽しかったなー
モカは良い娘だったなー

とか言う漠然としながらも、生きた記憶を残したい
と痛切しています。

私は、介護休暇は取れるのですが、
母には、公的+民間の介護制度を利用してでも、女性に
世話をしてもらう方が、良いのでは?と勝手に思っています。
女性だから、たとえ親でも自身の体とか見られたくない
と思うからです。

コメント頂きました通り、
母が、楽に暮らせるような事を見つけて
やってあげたいと思います。


No title

人は皆(ではないかもしれないけど)、こういう状況を少しは経験するのでしょうか・・・私も今のところは親が元気なので遊んでいられますが、他人事ではないと痛感します。
(まぁ鬱病繰り返した母も厄介ではありますが・・w)
介護休暇も男性だとなかなか取りにくいんでしょうねぇ・・・これからはこういう事態が蔓延していくような気もするのですが。
友人も二人の介護と育児で、げそげそに痩せてしまっててびっくりしました。

お母さんが少しでも楽に暮らせるように・・・、モンさんも頑張りすぎて体調崩されませんように・・・。
50歳の喜怒哀楽
50歳。これからは今以上に、人との関わりを大事にしながら、知らない世界を見聞したい。前へ歩く道は細くてもあるけど、後戻りできる道はもうない。

モン

Author:モン
51歳になりました
55歳で区切りたい

カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ